健康美人には適度な運動とストレスをためないのが大切

食事制限したり運動しても下部のお腹だけはポッコリしたままでなかなかへっこみません。
そんなぽっこりお腹は皮下脂肪よりも内臓脂肪が原因です。
若いころはご飯をどんなに食べようと運動しなくても一切出っ腹ではならなかった人も30過ぎてくると徐々に気づかないくらいにお腹が出てきます。

 

男性なら貫録も出るし諦めるのも一つの手でしょうけど女性なら何とかしたいと思うはずです。
そもそもお腹に脂肪が付きやすいのは内臓を守るためだそうですね。
お腹には骨もないので脂肪でクッションを作り守っているわけです。

 

しかし内臓を守られている恩恵よりも見た目のスリム感の方が絶対にいいですよね。
なんとかしてお腹の内臓脂肪を減らしましょう。

 

やっぱり食事制限と運動が効果的です。
特に脂肪を燃焼させる効果が高いのは有酸素運動です。
走ったり水泳したりするのは面倒だし大変だと思うのでウォーキングから始めましょう。

 

ただ少し歩くのではなく20分くらい有酸素運動はしなくてはなりません。
一駅歩くのにちょうど20分くらいでしょうか。
毎日一駅歩き20分くらい時間をかけてウォーキングをして内臓脂肪を燃焼さしてぽっこりお腹をへっこましましょう。